読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TODAY IS ANOTHER DAY

日常生活で起こること、感じたことを徒然と。。。

明日から社会人

長かった学生最後の春休み。それもついに終わり、明日からは社会人であります。

私は製薬会社のMRとして世に出ます。激務と言われるMR。まずは、4ヶ月半ほど研修です。その間はホテル暮らしということで私は今、某都市のホテルから更新しています。

 

明日は入社式の後に初志について話し合うグループワークがあるということで、その準備をせねばなりません。

私は文系出身ということもあり、医療知識は全くのゼロからのスタートです。貪欲に知識を吸収し、いち早く戦力となれるよう励みたい所存であります。

100名城制覇への道part10〜武田氏館〜

100名城のうち10%を達成しました。

今回はなぜか100名城に選ばれている武田氏館です。

真田太平記では「武田は城を持たない」と武田信玄が言っていましたが、100名城に選ばれています。

武田氏館は武田信玄が祀られている武田神社のすぐとなりにあり、資料館もそこにあります。

f:id:dicaprio:20170226224001j:image

 

f:id:dicaprio:20170226223809j:image

 

f:id:dicaprio:20170226223851j:image 

 

f:id:dicaprio:20170226224035j:image

 

神社は初詣の時期だったというのもあり、沢山の人だかりでした。

電車の時間が迫っていたので、お参りは断念し、本来の目的だった資料館のみに行きました。

f:id:dicaprio:20170226224310j:image

 

資料館の内容は武田信玄50%、武田勝頼40%、上杉謙信10%といった感じでした。中高の日本史では、武田信玄の凄さは全く書かれず、武田勝頼が長篠の合戦でオワコンになった部分がクローズアップされているため、この資料館を訪れるとそのイメージは一新されると思います。(戦国武将ファンの方には少々退屈かもしれません。)

 

僕が思う3大過小評価されている戦国武将は、武田勝頼今川義元柴田勝家です。

 

資料館の外に謎のおみくじマシーンがありました。

f:id:dicaprio:20170226224750j:image

 

武田神社から徒歩15分ほどのところに武田信玄の墓があります。

f:id:dicaprio:20170226224839j:image

 風林火山の旗が目印です。

f:id:dicaprio:20170226224933j:image

 

↓資料館のチケット

 f:id:dicaprio:20170226224944j:image

 

甲府城武田神社、武田氏館と歴史を感じさせるものがある町甲府でした。次は武田神社でお参りと御朱印をいただきたいので、2回目の訪問を計画したいところです。

 

100名城制覇への道part9〜甲府城〜

今回は甲府城まで行ってきました。

冬季の18切符を利用して、名古屋から甲府まで片道約6時間の旅でした。

在来線に片道6時間、往復で12時間は結構ツライですねw

 

写真はいくつか撮ってきました。

f:id:dicaprio:20170224212656j:image

 

f:id:dicaprio:20170224212634j:image

 舞鶴城公園内に城跡はあります。

駅から徒歩5分もかからない程度とアクセスの良さにホッとしました。

f:id:dicaprio:20170224212840j:image

天守跡です。

f:id:dicaprio:20170224213046j:image

 この石碑が建っています。

f:id:dicaprio:20170224213137j:image

そして、この眺め。

天気が良かったので、微妙に富士山が見えました!

 f:id:dicaprio:20170224213251j:image

 

f:id:dicaprio:20170224213314j:image

城跡ですが、門は立派なものが復元されていました。

 

この甲府城は秀吉の命によって築城されたようで、関ヶ原で戦い以降は徳川家の城となったようです。

山梨県の中核都市である甲府市の人々は甲府城にどのような意識を持っているのでしょうか。城主にリスペクトがあったりするのでしょうか?

 

f:id:dicaprio:20170224213819j:image

舞鶴城公園のパンフレット

 

100名城制覇への道part8〜岩村城〜

100名城8ヶ所目は、岩村城です。

日本三大山城の1つであります。(他は備中松山城高取城

f:id:dicaprio:20170219141622j:image

岩村城はなんと鎌倉時代に作られた城らしいです。確証はないようなので、なんと言ってよいのか。。。

戦国時代には武田氏の城だったようですが、最終的には織田方の城となったようです。

f:id:dicaprio:20170219142042j:image

岩村城地図

 

f:id:dicaprio:20170219142112j:image

 QRコードを読み込んで城情報を見れる看板が何枚かありました。

こんな山奥の城なのに来場者を楽しませる仕掛けがあるのは、いいなと思いました。

 

f:id:dicaprio:20170219142250j:image

 

この看板の内容は本当なんでしょうか??

 

天守跡からの撮影

f:id:dicaprio:20170219142344j:image

 

岩村城の資料館は綺麗で展示内容も面白かったのですが、撮影不可ということで掲載は控えます。

 

ちなみに岩村城へのアクセスは非常に悪いので、車で行くことをオススメします!!

女性版SASUKEことKUNOICHIを観た

昨日は女性版SASUKEと銘打ってKUNOICHIが久しぶりにTBSで放送していました。

本家SASUKEと異なる点は、出場選手が50人となっている点、ステージの難易度といった点でしょうか。

話は逸れますが、本家SASUKEを長年見ている私の長年の改善してほしいと思い続けている点としては、アイドル、グラビアアイドル、タレントの出場についてです。

彼らがファーストステージを突破することはまずないと言っていいでしょう。時間短縮枠兼番組の箔付け、番宣要員として出ていることは明らかです。

僕のようなファンはきっとSASUKEのあのアスレチックを突破する姿を見たい!出場選手の努力、練習の成果がSASUKEという舞台で発揮されるところを見たい!というのがあると思います。(少なくとも僕はそうです。)

やはり、漆原選手のような予選会から勝ち上がり、2度の完全制覇達成などはファンにとって鳥肌もので、SASUKEの醍醐味といっても過言ではないでしょう。

 

今回、KUNOICHIに対して僕は出場選手50人と本家の半分であることから、水野裕子をはじめとしたガチ勢の祭典かと思っていましたが、そんなことはなくガッカリしました。。。

f:id:dicaprio:20170213170038j:plain

 

 

f:id:dicaprio:20170213170235j:plain

(この画像はアップロードしても大丈夫なのでしょうか(;^ω^))

 

こういった謎アングルが多く、2chでもエロスレが乱立していました。

出場者の中には、自宅セットなどで練習を積み、この舞台に本気で挑んでいる方もいました。

やはり、テレビ番組ということもあり、華も必要な要素であることはわかります。製作スタッフたちも視聴率が無ければ仕事になりませんからね。

この問題はなかなか難しいですね。

100名城制覇への道part7〜大阪城〜

7回目となる今回は大阪城です。

f:id:dicaprio:20170212201832j:image

大阪城公園は広く、自然豊かでした。

11月に行ったので、銀杏並木が素晴らしい色づきでした。

 

f:id:dicaprio:20170212201949j:image

ここは入り口ですね。

土曜日だったため人が多かったです。

 

f:id:dicaprio:20170212202054j:image

f:id:dicaprio:20170212202132j:image

堀の写真です。

 

f:id:dicaprio:20170212202210j:image

f:id:dicaprio:20170212202325j:image

立派な城郭ですね。

これが復元でなく戦国時代から続いて残っていれば、と妄想が捗ります。

 

場内は8階建てになっており、最上階は展望台となっています。

それぞれの階層で展示がされており、豊臣秀吉ファンならぜひ行っておきたい内容でした。

真田丸の特別展示もあったようですが、今回は断念。

足軽から関白に登りつめた男の凄まじさを感じる名城でありました。

 

f:id:dicaprio:20170212202501j:image

f:id:dicaprio:20170212202504j:image

パンフレットと入場券です。

100名城制覇への道part6〜長篠城〜

100名城6ヶ所目は長篠城です。

長篠城は僕の住んでいる名古屋からかなり遠く、かなり田舎にありました。

愛知県の東の端に位置しています。

岡崎城を訪問した日と同じ日に行きました。

 

f:id:dicaprio:20170209232254j:image

長篠城は復元された城や天守閣跡などは無く、石碑が建っているのみでした(^^;;

 

f:id:dicaprio:20170209232641j:image

この広場のようなところがあるのみでした。

これだけでは不完全燃焼、資料館へ。

f:id:dicaprio:20170209232806j:image

 

基本的に100名城スタンプは資料館、場内に入らないともらえないのですが、ここ長篠城は近隣のサークルKでももらえるようです。

f:id:dicaprio:20170209232933j:image

 

資料館の中はボリュームはあまりなかったのですが、武田勝頼特集といった感じで勝頼が家督を継ぎ、長篠の戦いへ臨むまでが詳しく展示してありました。

小中高の日本史の教科書では、勝頼は長篠の戦いで負け、武田滅亡に至らしめた無能というイメージがつきやすいのですが、実際はそんなことはなく、優れた武将であることが感じ取れました。

長篠の戦い武田勝頼が勝っていたらというifの世界を想像したくなります。

 

f:id:dicaprio:20170209233104j:image

こんなものもありました。

 

↓パンフレットはこんな感じ

f:id:dicaprio:20170209233703j:image

f:id:dicaprio:20170209233751j:image

 

↓資料館の入場券

f:id:dicaprio:20170209233800j:image