ディカプリオの旅ブログ

日常生活で起こること、感じたことを徒然と。。。

100名城制覇への道part6~長篠城~ (再編集版)

6回目の再編集記事です。

今回は長篠城

元記事はコレ

dicaprio.hatenablog.com

 

駅から近いアクセスのよい城跡ですが、ローカル線のJR飯田線を使わなければたどり着けなく、登城難易度が少し高めです。

f:id:dicaprio:20181006215035p:plain

 

 

1、スタンプ設置場所

新城市長篠城址史跡保存館窓口

 

2、築城年代

1508年

 

3、築城者

菅沼元成

 

4、城地種類

平城

 

5、近隣施設

設楽原決戦場

新城市長篠城址史跡保存館

設楽原歴史資料館

 

6、解説

長篠城は1508年に土豪菅沼元成が宇連川と寒狭川の合流点の断崖上に築城した。

菅沼氏は武田氏の支配下に入ったが、のちに徳川家康が城を奪い改築を行っている。

1575年、家康家臣の奥平貞昌が武田勝頼軍に包囲されるが織田・徳川連合軍で迎え撃ち死守している。

堀、土塁は残存しているが、城地中心は鉄道が通っている。

 

7、写真

 

8、評価

登城難易度:D
雰囲気:18
見どころ:12
資料:10
歴史性:16
おすすめ度:16
総合:72

※項目解説
登城難易度→A~Eの五段階で評価します。
(Aに行くほど登城が難しい、Eに近づくほど登城が簡単)
雰囲気、見どころ、資料、歴史性、おすすめ度の5項目は1項目最高20点。

雰囲気→その時代の雰囲気、現代とのギャップを感じるような城かどうか。
見どころ→その城の目玉スポットはあるかどうか、どれくらい見どころがあるか。
資料→資料数、資料の希少性など。
歴史性→伝統など、建築技法、残存資料の持つ歴史性などを考慮。
おすすめ度→アクセスのしやすさや話題性など完全に管理人主観だがおすすめできる度合いを示す。